企業兼大株主東日本旅客鉄道東証プライム:9020】「陸運業 twitterでつぶやくへ投稿

  • 早わかり
  • 主な指標
  • 決算書
  • 株価
  • 企業概要
  • 企業配信情報
  • ニュース
  • ブログ
  • 大株主
  • 役員
  • EDINET
  • 順位
  • 就職・採用情報

企業概要

 当社グループは、IoTやビッグデータ、AI等の技術の進展を見据え、時代を先取りした技術革新の実現に向け、「技術革新中長期ビジョン」を策定しました。その主な内容は以下のとおりであります。

○  IoT、ビッグデータ、AI等を活用して、当社グループが提供するサービスをお客さま視点で徹底的に見直し、従来の発想の枠を超えて「モビリティ革命」の実現をめざします。

○  「安全・安心」、「サービス&マーケティング」、「オペレーション&メンテナンス」、「エネルギー・環境」の4分野において、当社グループのあらゆる事業活動で得られたデータからAI等により新しい価値を生み出します。

○  その実現に向け、世界最先端の技術を取り入れるため、さらなるオープンイノベーションを推進し、モビリティ分野で革新的なサービスを提供し続ける「イノベーション・エコシステム」を構築します。

「技術革新中長期ビジョン」の実現をめざし、次のような研究開発を行いました。なお、当連結会計年度の研究開発費の総額は、235億円であります。

(1) 運輸事業

① 「安全・安心」~危険を予測しリスクを最小化する~

a  より安全な駅ホーム・踏切の実現に向けて、車両の新たな戸挟み検知技術の開発や踏切の障害物検知装置の高機能化の開発を進めております。

b  ドップラーレーダーを用いた突風に対する列車運転規制値の取組みにおいて、AIを活用することにより突風の検知精度を向上しました。

②  「サービス&マーケティング」~お客さまへ"Now(今だけ),Here(ここだけ),Me(私だけ)"の価値を提供する~

a  「次世代新幹線の実現に向けた開発」を進めるために、新幹線の試験車両「ALFA-X」を使用して、様々な試験を行っております。

b  駅構内におけるサービスロボット活用に向けて、案内や清掃業務等を行う自律移動サービスロボットの実証実験を高輪ゲートウェイ駅を始めとして首都圏の複数の駅で行いました。

c  シームレスな移動の実現に向けた取組みの1つとして、タッチしやすい改札機の実証試験を新宿駅および高輪ゲートウェイ駅で行いました。

d  駅での案内放送の聞き取りやすさ向上を目指し、周囲の喧噪音に応じて放送音量を自動制御するシステムの実証実験を高輪ゲートウェイ駅で行いました

e  列車の遅れを反映した経路検索ができるアプリの実証実験を実施しました。

f  お客さまが駅の混雑状況をご自身で確認でき、行動の選択ができるよう、山手線内全37 駅のホームや改札の駅混雑予測情報を提供する公開試験を実施しました。

③  「オペレーション&メンテナンス」~生産年齢人口20%減を見据えた仕事のしくみをつくる~

線路や電力設備、車両機器などを走行しながらモニタリングする装置を営業列車に搭載し、CBM(Condition Based Maintenance)等のスマートメンテナンスの実現に向けた研究開発等の取組みを進めております。現在はモニタリング装置により得られた高頻度なデータをもとに、各分野におけるデータ分析・評価手法・活用方法について検討しております。その一環として、新幹線における設備モニタリング専用の新型保守用車を導入し、検測データの精度検証など各種試験を実施しております。

④ 「エネルギー・環境」~鉄道エネルギーマネジメントを確立する~

a 効率の良い地上用蓄電技術として鉄道分野における世界初の実用化をめざし、山梨県、公益財団法人鉄道総合技術研究所と連携して、鉄道用超電導フライホイール蓄電システムの実証試験に向けた開発を進めております。

b 自動省エネ列車制御の実現に向け、列車制御方式や省エネ走行技術の開発を進めております。

c 水素を活用した取組みを推進し、低炭素社会への動きを加速していくため、水素を燃料とするハイブリッド車両(燃料電池)試験車両の製作と実証試験に向けた開発を進めております。

⑤  その他

オープンイノベーションによりモビリティを変革する場を創出するため、モビリティ変革コンソーシアムを2017年9月に設立し、2018年度、2019年度に様々な実証実験を行いました。なお、2021年4月2日現在141社・団体(交通事業者、国内外メーカー、研究機関等)に参加いただいております。また、より基礎的な分野の研究開発は、「研究開発等に関する協定」に基づき公益財団法人鉄道総合技術研究所に委託しており、当連結会計年度における同研究所に対する負担金は、49億円であります。
  そのほか、現場第一線の技術革新を担う人材育成のため、研究開発部門への社内公募制インターンシップ制度としてイノベーションカレッジを引き続き実施しております。

(2) 流通・サービス事業、不動産・ホテル事業、その他の事業

 特に記載する事項はありません。

PR
検索