企業兼大株主平和東証1部:6412】「機械 twitterでつぶやくへ投稿

  • 早わかり
  • 主な指標
  • 決算書
  • 株価
  • 企業概要
  • 企業配信情報
  • ニュース
  • ブログ
  • 大株主
  • 役員
  • EDINET
  • 順位
  • 就職・採用情報

企業概要

当社グループは、『もっと楽しめる未来をつくろう』を合言葉に、お客様のニーズ最優先の遊技機づくり一筋に取り組んできた精神を礎とし、常に新発想、新展開、チーム力をもって、飽くなき『商品作り』『創造』を追求することを理念として研究開発を行っております。

当連結会計年度におきましては、「ヒット機種を創出する商品開発」、「販売台数の最大化・ブランド力の向上」及び「コスト・利益管理の更なる徹底」という3つの開発基本方針の下、下記の施策を実施いたしました。

「ヒット機種を創出する商品開発」では、市場環境が急速に変化する中で他社と強く差別化された仕様の機種開発を行うべく、開発プロセスの初期段階のフェーズである「発案」部分において、多面的アイデアの創出、社内提案制度の推進や委員会協力体制の強化等に取り組みました。また、規則改正・内規変更に伴う市場変化に即時に対応し、プレーヤーに支持される仕様の遊技機をいち早く提供できる開発体制の構築に注力いたしました。

「販売台数の最大化・ブランド力の向上」では、明確な役割とターゲットを絞ったライン化開発の確立、過去の機種開発プロセスの中で蓄積したノウハウを次機種以降に反映することで製品クオリティの向上等につなげました。

「コスト・利益管理の更なる徹底」では、演出量に応じた柔軟な人員配置、設計共通化の推進等による開発期間の遵守・短縮、部品の共通化・モジュール化の推進等による開発コスト削減、また効果的な画像素材の共有化等に引き続き取り組みました。

当連結会計年度におきましては、パチンコ機は「ルパン三世~復活のマモー~」、「戦国乙女6~暁の関ヶ原~」等を発売し、パチスロ機は「南国育ち30」、「戦国乙女3~天剣を継ぐもの~」等を発売いたしました。

当連結会計年度における当社グループの研究開発費総額は、9,949百万円であります。

PR
検索