企業兼大株主クボタ東証プライム:6326】「機械 twitterでつぶやくへ投稿

  • 早わかり
  • 主な指標
  • 決算書
  • 株価
  • 企業概要
  • 企業配信情報
  • ニュース
  • ブログ
  • 大株主
  • 役員
  • EDINET
  • 順位
  • 就職・採用情報

企業概要

 当社の設備投資は、事業拡大に向けた研究開発力強化のための投資、DX推進のためのIT投資、増大する需要に対応するための増産投資及び市場競争力強化のための合理化投資を中心に実施しております。また、環境保全、安全衛生等に係る設備投資についても取り組んでおります。

 当年度の設備投資金額は121,359百万円であり、その内訳は次のとおりです。

 

前年度

(自 2020年1月1日

至 2020年12月31日)

当年度

(自 2021年1月1日

至 2021年12月31日)

前年度比
(%)

 

金額(百万円)

金額(百万円)

機械

64,322

92,196

143.3

水・環境

7,610

10,395

136.6

その他

1,024

539

52.6

全社

14,245

18,229

128.0

合計

87,201

121,359

139.2

(注) 1 金額に消費税等は含まれておりません。

2 当年度より、社内組織をベースとした事業セグメントの構成の変更に基づき、従来、「その他」に含めておりました金融サービス事業を「機械」に含めております。この変更に伴い、前年度についても変更後の区分に組替えて表示しております。

 主な投資内容は次のとおりです。

機械

 日本・北米における新研究開発拠点設立、新機種生産及び増産のための投資を行いました。

水・環境

 設備の老朽更新のための投資を行いました。

全社

IT基盤強化のための投資を行いました。

 当年度中に生産能力に重要な影響を及ぼすような固定資産の売却、撤去または滅失はありませんでした。

 なお、経常的に発生する設備更新のための廃売却損失は前年度2,561百万円、当年度3,108百万円でした。

PR
検索