企業兼大株主旭化成東証プライム:3407】「化学 twitterでつぶやくへ投稿

  • 早わかり
  • 主な指標
  • 決算書
  • 株価
  • 企業概要
  • 企業配信情報
  • ニュース
  • ブログ
  • 大株主
  • 役員
  • EDINET
  • 順位
  • 就職・採用情報

企業概要

 当社グループ(当社及び連結子会社)は、長期的に成長が期待できる製品分野における新規投資、能力拡大投資に重点を置くとともに、同時に製品の信頼性向上やコストダウンを目的とした合理化、情報化、維持投資を行っています。

 当連結会計年度のセグメントごとの設備投資額(有形、無形固定資産(のれん除く)受け入れベース数値)は次のとおりです。

 

当連結会計年度

 

前連結会計年度比

マテリアル

120,751

百万円

 

120.2

住宅

18,600

百万円

 

99.7

ヘルスケア

24,882

百万円

 

156.2

その他

3,533

百万円

 

436.5

167,766

百万円

 

123.5

全社及びセグメント間取引消去

18,878

百万円

 

106.1

合計

186,644

百万円

 

121.5

 当連結会計年度は、マテリアルを中心に、競争優位事業の拡大投資及び改良・合理化投資等1,866億円の投資を行いました。

 セグメントごとの主な投資内容は以下のとおりです。

セグメントの名称

設備投資の主な内容・目的

マテリアル

・Mobility:人工皮革「ラムース®」の生産設備増設、

 樹脂コンパウンド工場建設

・Environment & Energy:リチウムイオン電池用セパレータ
「ハイポア™」等の生産能力増強

・Life Material:スパンボンド不織布の生産設備増設、
結晶セルロース「セオラス®」工場建設

・共通:水力発電所改修、合理化、情報化、維持更新 等

住宅

Home & Living:合理化、情報化、維持更新 等

ヘルスケア

Health Care:合理化、情報化、維持更新 等

その他

合理化、情報化、維持更新 等

全社

次期基幹システム構築、合理化、情報化、維持更新 等

PR
検索