企業兼大株主ファーストリテイリング東証プライム:9983】「小売業 twitterでつぶやくへ投稿

  • 早わかり
  • 主な指標
  • 決算書
  • 株価
  • 企業概要
  • 企業配信情報
  • ニュース
  • ブログ
  • 大株主
  • 役員
  • EDINET
  • 順位
  • 就職・採用情報

配信情報

株式報酬型ストックオプション(新株予約権)の発行内容確定に関…link.gif 2023年01月20日 13時00分

株式会社ファーストリテイリング (400KB) to English page to Chinese page 当社は、本日開催の取締役会において、会社法第236 条、第238 条及び第240 条の規定に基づき、当社の執行役員に対し、株式報酬型ストックオプションとして新株予約権を発行することを決議いたしましたのでお知らせします。 ・株式報酬型ストックオプションとして新株予約権を発行する理由 当社の執行役員に対して、その当社グループの利益に対する貢献に報いるとともに、当社の株価と当社の執行役員の受ける利益を連動化させることで、当社グループの業績向上に対する意欲や士気を一層高め、株主の皆様の利益を重視した業務展開を強化し株主価値を高めることを目的として、割当ての対象者の職位等に応じて、払込金額・権利行使期間が異なる3種類の新株予約権を発行するものです。 詳細につきましては、添付資料をご参照ください。

Overseas Regulatory Announcement - The Issuance of Stock-Ba…link.gif 2023年01月20日 13時00分

FAST RETAILING CO., LTD. (168KB) to Chinese page to Japanese page Hong Kong Exchanges and Clearing Limited and The Stock Exchange of Hong Kong Limited take no responsibility for the contents of this announcement, make no representation as to its accuracy or completeness and expressly disclaim any liability whatsoever for any loss howsoever arising from or in reliance upon the whole or any part of the contents of this announcement. FAST RETAILING CO., LTD. 迅銷有限公司 (Incorporated in Japan with limited liability) (Stock code: 6288) OVERSEAS REGULATORY ANNOUNCEMENT This overseas regulatory announcement is made by Fast Retailing Co., Ltd. (the "Company") pursuant to Rule 13.10B of the Rules Governing the Listing of Securities on The Stock Exchange of Hong Kong Limited. Please refer to the attached "Notice related to the issuance of stock-based compensation stock option (share subscription rights)" of the Company issued on the website of the Tokyo Stock Exchange today. By order of the Board Fast Retailing Co., Ltd. Shea Yee Man Company Secretary Japan, 20 January 2023 As at the date of this announcement, our executive directors are Tadashi Yanai, Takeshi Okazaki, Kazumi Yanai and Koji Yanai and our independent non-executive directors are Nobumichi Hattori, Masaaki Shintaku, Naotake Ono, Kathy Mitsuko Koll (aka Kathy Matsui), Joji Kurumado and Yutaka Kyoya.     Top of page  

First Quarterly Report (2022.9.1-2022.11.30)link.gif 2023年01月13日 13時00分

ファーストリテイリング 2023年8月期 第1四半期決算サマリーlink.gif 2023年01月12日 18時00分

株式会社ファーストリテイリング (197KB) to English page to Chinese page 【決算ハイライト】 ■2023年8月期第1四半期の連結業績:収益の柱が多様化し、若干の減益にとどめる 売上収益は7,163億円、前年同期比14.2%増、営業利益は1,170億円、同2.0%減。 グレーターチャイナや国内ユニクロ事業は減益も、それを除くすべての国で大幅な増収増益と好調。特に東南アジア、北米、欧州は過去最高の業績。ジーユー事業も大幅な増収増益と、再び成長拡大の基調へ。 第1四半期は連結で業績予想を下回るも、12月以降の販売が好調で、上期、通期ともに達成できる見込み。 ■国内ユニクロ事業:増収減益。11月に苦戦で減益も、12月に挽回 売上収益は2,409億円、前年同期比6.4%増、営業利益は394億円、同5.6%減と、増収減益。 11月に気温が高く販売に苦戦したこと、急激な円安の影響で原価率が上昇し粗利益率が1.1p低下したことで、減益。 12月は既存店売上高が16.9%増と好調。4カ月累計では増収増益。 ■海外ユニクロ事業:大幅な増収、減益。その他アジア・オセアニア地区、北米、欧州(ロシアを除く)は過去最高の業績 売上収益は3,578億円、前年同期比19.4%増、営業利益は572億円、同4.4%減。 中国大陸が新型コロナに伴う行動規制の影響で大幅な減益となったことや、ロシアが営業を停止していることで赤字となったことにより減益。 その他アジア・オセアニア地区、北米、欧州(ロシアを除く)では、計画を上回る大幅な増収増益と好調で、過去最高の業績を達成。 ■ジーユー事業:大幅な増収増益、成長基調へ回復 売上収益は793億円、前年同期比13.6%増、営業利益は106億円、同19.3%増。 品番数を絞り込み、マストレンド商品の数量を十分にもって商売を行ったことで販売が好調。 ■グローバルブランド事業:増収減益 売上収益は376億円、前年同期比22.4%増、営業利益は7億円、同72.1%減。 セオリー事業は、大幅な増収も、減益。コントワー・デ・コトニエ事業は、減収、営業利益の赤字幅は若干拡大。 ■2023年8月期の連結業績予想:期初予想通り、変更なし 期初予想通り、売上収益2兆6,500億円、前期比15.2%増、営業利益3,500億円、同17.7%増、親会社の所有者に帰属する当期利益2,300億円、同15.9%減を見込む。 1株当たり年間配当金は、12月15日に発表した通り、株式分割を考慮し、中間配当金115円、期末配当金115円、合わせて230円を予想。 業績概要 ■国内ユニクロ事業:増収減益 国内ユニクロ事業の第1四半期の売上収益は2,409億円(前年同期比6.4%増)、営業利益は394億円(同5.6%減)と、増収減益となりました。既存店売上高は同4.7%の増収でした。9月、10月の気温が例年よりも低く推移したことで、ジャケット、スフレヤーンニット、カシミヤ、ヒートテックといった秋冬商品の販売が好調だったことに加え、トレンドを捉えたタックワイドパンツなどの商品の販売も好調でした。一方で利益面では、売上総利益率は、急激な円安による調達コストの増加により原価率が上昇したことで、同1.1ポイント低下しました。売上高販管費比率は、パート・アルバイトの時給アップに伴う人件費の増加や、戦略的に広告宣伝費を増やしたことで、同0.8ポイント上昇しました。 ■海外ユニクロ事業:大幅な増収、減益。その他アジア・オセアニア地区、北米、欧州(ロシアを除く)は過去最高の業績 海外ユニクロ事業の第1四半期の売上収益は3,578億円(前年同期比19.4%増)、営業利益は572億円(同4.4%減)と、大幅な増収、減益となりました。減益となった要因は、中国大陸が新型コロナウイルス感染症に伴う行動規制の影響を受け、大幅な減益となったことに加え、ロシアが営業を停止していることで赤字となったことによります。一方で、その他アジア・オセアニア地区、北米、欧州(ロシアを除く)では、計画を上回る大幅な増収増益と好調で、過去最高の業績を達成しました。 地域別の業績(現地通貨ベース)については、中国大陸は、行動規制の影響により、購買意欲が低下したことや、最大で247店舗が臨時休業したことで、大幅な減収減益となりました。香港、台湾は、商売規模が大きい11月の気温が例年より高かったことで減収、大幅な減益となりました。韓国は増収増益、特にカジュアルアウターやニット商品の販売が好調でした。その他アジア・オセアニア地区は、大幅な増収増益となりました。購買意欲や旅行需要の回復に加え、継続的にコア商品の情報発信を行ったことで、お客様のユニクロ商品に対する支持がさらに高まっています。北米は、大幅な増収増益となりました。ブランディングのための情報発信や冬物コア商品のマーケティングを強化したことにより、好調な販売となりました。欧州(ロシアを除く)は大幅な増収、増益となりました。特に、気温が急激に低下した9月の販売が好調でした。 ■ジーユー事業:大幅な増収増益 ジーユー事業の第1四半期の売上収益は793億円(前年同期比13.6%増)、営業利益は106億円(同19.3%増)と、大幅な増収増益となりました。品番数を絞り込み、マストレンド商品の数量を十分にもって商売を行ったことで好調な販売となりました。また、物流が正常化し、売れ筋商品の追加生産に機動的に対応できたことや、10月に気温が低下したことも追い風となりました。特に、ヘビーウェイトスウェットや、ワイドパンツ、ヒートパデッドアウターなどの販売が好調でした。 ■グローバルブランド事業:増収減益 グローバルブランド事業の第1四半期の売上収益は376億円(前年同期比22.4%増)、営業利益は7億円(同72.1%減)と、増収減益となりました。セオリー事業は、大幅な増収となったものの、減益となりました。これは、米国事業が値引き販売の強化により収益性が低下し、減益となったことに加え、グレーターチャイナを中心とするアジア事業が新型コロナウイルス感染症の影響を受け、減益となったためです。プラステ事業は、軽めの羽織物やスティックパンツの販売が好調で、若干の増収増益となりました。コントワー・デ・コトニエ事業は、欧州で10月以降の気温が高かったことや、インフレによる購買意欲の低下により減収、営業利益の赤字幅は若干拡大しました。 ■2023年8月期の業績予想:期初予想通り、変更なし。 通期の業績予想は、売上収益2兆6,500億円(前期比15.2%増)、営業利益3,500億円(同17.7%増)、親会社の所有者に帰属する当期利益2,300億円(同15.9%減)と、10月に発表した期初予想から変更していません。上期は業績予想通りの増収増益となる見込みです。中国大陸の業績が、新型コロナの影響で流動的ですが、下期も現時点では業績予想を達成できると考えております。 海外ユニクロ事業は、上期はほぼ業績予想通り、増収増益を達成できる見込みです。エリア別では、その他アジア・オセアニア地区、北米、欧州(ロシアを除く)は、業績予想を上回る大幅な増収増益を見込んでおります。グレーターチャイナは、中国大陸の業績の落ち込みにより、大幅な減収減益、業績予想を下回る見込みです。国内ユニクロ事業は、上期は増収、ほぼ前年並みの営業利益となり、業績予想を若干下回る見込みです。ジーユー事業は、上期は業績予想を上回る、大幅な増収増益、グローバルブランド事業は、上期は業績予想を下回り、増収減益となる見込みです。 1株当たり年間配当金は、12月15日に発表した通り、株式分割を考慮し、中間配当金115円、期末配当金115円、合わせて230円を予想しています。株式分割前の1株当たりに換算すると、中間配当金345円、期末配当金345円、年間配当金690円、と10月に発表した金額に対し、年間で10円の増配となっております。 ► IR情報に決算データや各種リリースなどを開示しております。 ページトップへ

Results Summary for FY2023 1Q (Three Months to November 202…link.gif 2023年01月12日 18時00分

FAST RETAILING CO., LTD. (170KB) to Japanese page to Chinese page 【Highlights】 ■FY2023 1Q consolidated results: Fast Retailing reports only a slight decline in profits as earnings pillars continue to diversify In the first quarter of FY2023, consolidated revenue rose to 716.3 billion yen (+14.2% year-on-year), while operating profit declined to 117.0 billion yen (−2.0%). While UNIQLO operations in the Greater China region and Japan both reported a contraction in profits, all other UNIQLO operations generated strong results and significant increases in both revenue and profit. Southeast Asia, North America, and Europe in particular reported record performances. GU also generated considerably higher revenue and profit, and is moving back onto a steady growth track. While first-quarter performance fell short of our consolidated business estimates, we have enjoyed strong sales since December, and so we do expect to be able to achieve both our first-half and full-year business forecasts. ■UNIQLO Japan: Revenue rises but profit falls. Profit declined on struggling sales in November but recovered in December Revenue increased while profit declined. Revenue: 240.9 billion yen (+6.4%), operating profit: 39.4 billion yen (−5.6%). The gross profit margin declined by 1.1 points year-on-year after warm temperatures stifled sales in November and the rapid depreciation in the yen boosted cost of sales. Profit also declined as a result. December same-store sales rose by a strong 16.9% year-on-year. In fact, if we take the four months together, revenue and profit both increased year-on-year. ■UNIQLO International: Revenue increases sharply, but profit declines. S/SE Asia & Oceania, N. America, and Europe (ex. Russia) report record high results Revenue: 357.8 billion yen (+19.4%), operating profit: 57.2 billion yen (−4.4%). Segment profit declined after the Mainland China market reported a large decline in profits due to COVID-19 restrictions on movement and Russia reported a loss due to the suspension of operations in that market. South Asia, Southeast Asia, & Oceania, North America, and Europe (ex. Russia) achieved record high performances, reporting large increases in both revenue and profit that outstripped our initial plan. ■GU: Generates considerably higher revenue and profit, and returns to a growth track Revenue: 79.3 billion yen (+13.6%), operating profit: 10.6 billion yen (+19.3%). Sales proved strong after we tightened the number of product items on offer and conducted business with a sufficient supply of products that captured mass fashion trends. ■Global Brands: Revenue rises but profit falls Revenue: 37.6 billion yen (+22.4%), operating profit: 0.7 billion yen (−72.1%). Theory operation reported a large increase in revenue but a decline in profits. Comptoir des Cotonniers reported a decline in revenue and a slight expansion in operating losses. ■FY2023 consolidated business forecasts: Unchanged from initial estimates We have maintained our initial estimates for FY2023 consolidated revenue of 2.6500 trillion yen (+15.2%), consolidated operating profit of 350.0 billion yen (+17.7%), and profit attributable to owners of the Parent of 230.0 billion yen (−15.9%). We forecast an annual dividend per share in FY2023 of 230 yen, split equally between interim and year-end dividends of 115 yen each. These dividend totals have been adjusted to reflect our decision announced on December 15, 2022 to conduct a three-for-one stock split.   FY2022 1Q Performance in Focus ■UNIQLO Japan: Revenue rises but profit falls UNIQLO Japan reported higher revenue but lower profit in the first quarter of fiscal 2023, with revenue totaling 240.9 billion yen (+6.4% year-on-year) and operating profit totaling 39.4 billion yen (−5.6% year-on-year). First-quarter same-store sales increased by 4.7% year-on-year. Cooler-than-usual temperatures in September and October helped generate strong sales of Fall Winter items, such as jackets, souffle yarn knitwear, cashmere, and HEATTECH items. Sales of on-trend items such as our tucked wide-leg pants also sold well. However, on the profit front, the gross profit margin declined by 1.1 points year-on-year as procurement costs rose on the back of the sharp depreciation in the Japanese yen. The selling, general and administrative expense ratio increased by 0.8 point year-on-year as personnel costs rose on the back of higher wages for part-time and temporary workers and we decided to strategically increase outlays for advertising and promotion. ■UNIQLO International: Revenue increases sharply, but profit declines. S/SE Asia & Oceania, N. America, and Europe (ex. Russia) report record high results UNIQLO International reported a significant increase in revenue but a decline in profit in the first quarter of fiscal 2023, with revenue rising to 357.8 billion yen (+19.4% year-on-year) and operating profit contracting to 57.2 billion yen (−4.4% year-on-year). The two factors that sparked the decline in first-quarter profit were the impact of COVID-19 restrictions on movement in Mainland China, which resulted in a large contraction in profit there, and the temporary suspension of operations in Russia, which resulted in a first-quarter loss. However, the South Asia, Southeast Asia & Oceania region, North America, and Europe (ex. Russia) all achieved record first-quarter performances, generating impressively strong increases in revenue and profits that outstripped our expectations. Breaking down the UNIQLO International performance into individual regions and markets (in local-currency terms), the Mainland China market was heavily impacted by COVID-19 restrictions on movement and a decline in consumer appetite. At the same time, a maximum of 247 stores were forced to temporarily close their doors over the period, all of which resulted in a large decline in both revenue and profit in the Mainland China market. The weather was warmer than usual in the normally bumper month of November in the Hong Kong and Taiwan markets, which resulted in a fall in revenue and a large decline in profits. UNIQLO South Korea reported higher revenue and profit in the first quarter, thanks to particularly strong sales of casualwear items and knitwear. Meanwhile, revenue and profit both rose considerably in S/SE Asia & Oceania, where we witnessed a recovery in consumer appetite and travel demand. Customer support for UNIQLO products had also grown even stronger following our efforts to continuously convey pertinent information about our core items. UNIQLO North America reported significantly higher revenue and profit in the first quarter, with sales proving strong after we conveyed information to improve our branding and strengthened our marketing of core Winter items. Europe (ex. Russia) reported much higher revenue in the first quarter and profit also increased, with sales proving especially strong in September after the weather turned sharply colder. ■GU: Generates considerably higher revenue and profit The GU business segment reported large increases in both revenue and profit in the first quarter of fiscal 2023, with revenue rising to 79.3 billion yen (+13.6% year-on-year) and operating profit totaling 10.6 billion yen (+19.3% year-on-year). GU was able to generate strong first-quarter sales by narrowing down the number of product numbers on offer and ensuring a sufficient supply of mass-trend products. The return of more normal distribution operations, an increased ability to respond flexibly to requirements for additional production of strong-selling items, and falling temperatures in October all helped boost GU performance. Sales of heavyweight sweatshirts, wide pants, and heat padded outerwear proved especially strong. ■Global Brands: Revenue rises but profit falls The Global Brands segment reported a large rise in revenue but a decline in profit in the first quarter of fiscal 2023, with revenue rising to 37.6 billion (+22.4% year-on-year) and an operating profit contracting to 0.7 billion yen (−72.1% year-on-year). While our Theory brand generated much higher revenue, it also reported a decline in first-quarter profit. This was due to a decline in profitability and a consequent contraction in profits at Theory's United States operation following a decision to strengthen discount sales and also to falling profits from Theory's Asian operation, which is concentrated primarily in Greater China, due to COVID-19. Meanwhile, our PLST brand generated slightly higher revenue and profit in the first quarter on the back of strong sales of lightweight haori jackets and stick pants. Finally, our France-based Comptoir des Cotonniers brand reported a decline in revenue on the back of the warmer weather in Europe from October onwards as well as declining consumer appetite in an inflationary environment, and, as a result, the brand recorded a slightly larger operating loss than in the previous year. ■FY2023 consolidated business forecasts: Unchanged from initial estimates We have made no change to the initial forecasts for fiscal 2023 consolidated performance announced in October 2022. We still expect to achieve consolidated revenue of 2.6500 trillion yen (+15.2% year-on-year), operating profit of 350.0 billion yen (+17.7% year-on-year), and profit attributable to owners of the Parent of ¥230.0 billion (−15.9% year-on-year). We expect revenue and profit to increase in the first half of fiscal 2023 as initially expected. While performance in the Mainland China market remains fluid due to COVID-19, we do expect to be able to achieve our business estimates for the second half of fiscal 2023 as well as this stage. We predict UNIQLO International will achieve higher revenue and profit in the first half of fiscal 2023 that will prove roughly in line with our expectations. Breaking those forecasts down by geographical location, we expect S/SE Asia & Oceania, North America, and Europe (ex. Russia) to generate higher-than-expected significant increases in first-half revenue and profit. The Greater China region is expected to fall short of expectations by reporting a considerable decline in both revenue and profit on the back of continued sluggish performance in the Mainland China market. UNIQLO Japan is expected to report slightly lower-than-expected first-half results, with revenue rising but operating profit remaining roughly flat year-on-year. We expect the GU segment will exceed expectations by reporting considerable increases in first-half revenue and profit, and our Global Brands segment to fall short of expectations by reporting an increase in revenue but a decline in profit in the first half of fiscal 2023. Reflecting our decision announced on December 15, 2022 to conduct a stock split, we are now predicting an annual dividend per share for fiscal 2023 of 230 yen, split equally between interim and year-end dividends of 115 yen each. If we calculate the same dividend per share using pre-stock split parameters, that would translate into interim and year-end dividends of 345 yen each and an annual dividend of 690 yen, which represents a 10-yen increase in the annual dividend per share compared to the estimated dividend announced back in October 2022. Fast Retailing Co., Ltd. discloses business results data and offers a variety of press releases on its IR website https://www.fastretailing.com/eng/ir/. Top of page

2023年8月期 第1四半期決算短信link.gif 2023年01月12日 15時00分

Fast Retailing Announcements and Notices - [Trading Halt / …link.gif 2023年01月12日 13時00分

FAST RETAILING CO., LTD. (184KB) to Chinese page Hong Kong Exchanges and Clearing Limited and The Stock Exchange of Hong Kong Limited take no responsibility for the contents of this announcement, make no representation as to its accuracy or completeness and expressly disclaim any liability whatsoever for any loss howsoever arising from or in reliance upon the whole or any part of the contents of this announcement. FAST RETAILING CO., LTD. 迅銷有限公司 (Incorporated in Japan with limited liability) (Stock code: 6288) TRADING HALT At the request of Fast Retailing Co., Ltd. (the "Company"), trading in its Hong Kong depositary receipts on The Stock Exchange of Hong Kong Limited will be halted with effect from 1:00 p.m. on Thursday, January 12, 2023, pending the release of the first quarterly results announcement of the Company and its subsidiaries for the three months ended November 30, 2022, which constitutes inside information. By order of the Board Fast Retailing Co., Ltd. Shea Yee Man Company Secretary Japan, January 12, 2023 As at the date of this announcement, the executive directors are Tadashi Yanai, Takeshi Okazaki, Kazumi Yanai and Koji Yanai and our independent non-executive directors are Nobumichi Hattori, Masaaki Shintaku, Naotake Ono, Kathy Mitsuko Koll (aka Kathy Matsui), Joji Kurumado and Yutaka Kyoya.   Top of page  

ファーストリテイリンググループ、報酬改定へ 人材への投資を…link.gif 2023年01月11日 09時00分

株式会社ファーストリテイリング to English page ファーストリテイリンググループは、成長意欲と能力ある従業員一人ひとりにフェアに報い、企業としての世界水準での競争力と成長力を強化するため、今年3月、報酬を改定し、人材への投資を大幅に強化します。 弊社は現在、この改定を世界各地で進めており、今回は特に、海外に比べて報酬水準が低位に留まっている日本において、報酬テーブルを大幅にアップするとともに、これまで以上に成長意欲と事業への貢献能力に基づいて個々の人材に報いることができるよう、人事制度を見直すことにしました。弊社のグローバルヘッドクォーター機能を担い、各国・地域と連携して仕事を進める本社・本部の人材はもちろん、店舗で世界に通用する水準の仕事に取り組む人材にもしっかり報い、従業員一人ひとりの成長が、企業としての成長、さらには世界での競争力強化につながり、その結果として、さらに従業員に報いることができる企業経営を目指していきます。 具体的には、職種・階層別に求められる能力や要件を定義し、各従業員に付与している「グレード」の報酬水準を数%~約40%アップします。これを機に、フラットで機動性が高い組織運営の実態に沿うよう、従来の役職手当などは取りやめ、それぞれの報酬は、基本給と各期の業績成果によって決まる賞与などによって構成します。報酬アップの一例としては、現行25万5千円である新入社員の初任給を30万円に(年収で約18%アップ)、入社1~2年目で就任する新人店長は月収29万円を39万円に(年収で約36%アップ)、その他の従業員も、年収で数%~約40%の範囲でアップする予定です。 従業員一人ひとりの新たな報酬を決めるにあたっては、グローバル共通のグレードの基準を、仕事の実績・成果、成果を出し組織に貢献する能力、成長意欲・成長性などの視点から改めて明確にし、上司によるきめ細かな評価はもちろん、経営層や人事部が一人ひとりの評価にしっかり関わり、フェアなグレード評価を実現していきます。 また、今回の報酬改定に先がけ、国内店舗の準社員(パート)・アルバイトの時給は、昨年9月にすでに改定しました。これは、お客様に最高のサービスを提供する店舗販売員への期待、職責、能力に応じて、それにふさわしい報酬を支払う狙いから改定したものです。今後は、店舗スタッフから店長・経営者となる従来のキャリアパスは維持しつつ、店長・経営者は目指さずとも、販売専門職として、お客様への最高のサービスを追求し、個店や全社に貢献できる人も同様に評価・育成していきます。 今回は報酬制度だけでなく、組織の働き方も見直し、各国・地域の本部がグローバルに、そしてそれぞれの現場と連携して問題解決を推進しやすい組織や働き方、フラットで機動性が高い組織構造、全員がお客様視点・全社視点で問題を発見、部署に関わりなく率直に課題を提起し合い、経営幹部からスタッフまでが一つのチームとなって解決策の実行に取り組む風土づくりを進めていきます。従業員一人ひとりが、成果の実現に向けて、能力を最大に発揮できるよう、組織全体のあり方、働き方を変革していきます。   ページトップへ

Fast Retailing to Revise Employee Remuneration - Greatly st…link.gif 2023年01月11日 09時00分

FAST RETAILING CO., LTD. to Japanese page Fast Retailing today announces that in order to remunerate each and every employee appropriately for their ambition and talents, as well as increase the company's growth potential and competitiveness in line with global standards, from March 2023 the company will revise its remuneration system, greatly strengthening its investment in personnel. Fast Retailing has already been advancing this revision in a number of markets where it operates around the world. In Japan especially, where remuneration levels have remained low, the company is significantly increasing the remuneration table, as well as reexamining its HR system, to better enable it to compensate individual employees based on their growth, ambition and ability to contribute to the business. This will include employees from headquarters and corporate departments responsible for the functions of the company's global headquarters, as well as employees working in stores. Fast Retailing aims to establish a management that can better remunerate employees so that the resulting growth of individuals and the company will lead to even greater global competitiveness. Specifically, the company will define the desired abilities and requirements for each occupational category and level and increase the remuneration level of grades assigned to each employee by up to 40%. Fast Retailing plans to take this opportunity to match the reality of the company's flat, highly maneuverable management structure. With this in mind, remuneration will comprise such elements as base pay and a bonus determined by performance results for each period, while position-based allowances currently existing in Japan will be eliminated. As an example of increased remuneration in Japan, the monthly salary of a newly joining university graduate employee will increase from the current ¥255,000 to ¥300,000 (an annual salary increase of approximately 18%), and the salary of someone taking on a new role as store manager in their first or second year will increase from ¥290,000 to ¥390,000 (an annual salary increase of approximately 36%). For other employees, the company plans to increase annual salaries by as much as 40%. Going forward, the new remuneration of each employee will be decided by globally aligned grade criteria. Factors such as work performance and results, ability to contribute to the business, ambition and growth will be defined once again, and a fair grade evaluation will be realized through meticulous performance evaluation from one's supervisor, and a thorough evaluation from upper management and the HR Department. Prior to this forthcoming revision, the hourly wages of store staff in Japan were already amended in September last year, with the objective of paying appropriate compensation in line with the expectations, responsibilities and abilities of staff who provide the utmost service to customers. While maintaining the existing career path from store staff to store manager or manager in a corporate role, Fast Retailing will similarly evaluate and nurture interested staff to become sales professionals able to provide dedicated support to stores in the all-important area of customer service. Additionally, Fast Retailing will reform the way its organization works, so that the headquarters of each market can cooperate on both a global and local level to develop an organizational structure and workstyle that promotes problem solving. The company intends to achieve a flat structure with high maneuverability, where anyone can bring to light problems from the viewpoints of customers and the entire company, and raise issues candidly, regardless of what department they are part of, becoming one team that includes everyone from staff to executives and promoting the creation of a corporate culture that works to implement solutions. Fast Retailing will reform workstyles and the entire organization, so that every employee can work to the best of their ability towards generating results. Top of page  

株式報酬型ストックオプション(新株予約権)の発行に関するお知…link.gif 2022年12月15日 18時10分

株式会社ファーストリテイリング (450KB) to English page to Chinese page 当社は、本日開催の取締役会において、会社法第236 条、第238 条及び第240 条の規定に基づき、当社の執行役員に対し、株式報酬型ストックオプションとして新株予約権を発行することを決議いたしましたのでお知らせします。 ・株式報酬型ストックオプションとして新株予約権を発行する理由 当社の執行役員に対して、その当社グループの利益に対する貢献に報いるとともに、当社の株価と当社の執行役員の受ける利益を連動化させることで、当社グループの業績向上に対する意欲や士気を一層高め、株主の皆様の利益を重視した業務展開を強化し株主価値を高めることを目的として、割当ての対象者の職位等に応じて、払込金額・権利行使期間が異なる3種類の新株予約権を発行するものです。 詳細につきましては、添付資料をご参照ください。

株式分割ならびに株式分割に伴う定款の一部変更および配当予想…link.gif 2022年12月15日 18時00分

株式会社ファーストリテイリング (127KB) to English page to Chinese page 当社は、2022年12月15日開催の取締役会において、以下のとおり、株式分割について決議いたしましたので、お知らせいたします。 詳細につきましては、添付資料をご参照ください。

2022年8月期 有価証券報告書link.gif 2022年11月25日 13時00分

投資単位の引き下げに対する考え方及び方針についてlink.gif 2022年11月18日 13時00分

株式会社ファーストリテイリング (93KB) to English page to Chinese page 当社は、投資家層を拡大し、株式の流動性を高めることは、上場会社の責務と考えております。 その立場から当社株式の株価、出来高、株主数、株主構成等を見ますと、国内外の幅広い株主の皆様に保有していただいており、また市場においても活発な取引が行われていると認識しております。 ただし、投資単位は高い水準が続いており、投資単位の引き下げについては、今後の株式市場の動向、証券市場の要請、当社株式の株価や流動性を総合的に勘案しながら、多面的な視点から検討してまいります。 当社にとって株主の皆様は、事業の成長を共に担っていただいている大切な存在であり、長期的な企業価値の成長を通してしっかり報いていきたいと考えております。 以上  

剰余金の配当に関するお知らせlink.gif 2022年11月01日 13時00分

株式会社ファーストリテイリング (99KB) to English page to Chinese page 当社は、2022年11月1日開催の取締役会において、下記のとおり2022年8月31日を基準日とする剰余金の配当を行うことを決議いたしましたのでお知らせいたします。 詳細につきましては、添付資料をご参照ください。 以 上

ファーストリテイリング 2022年8月期 決算サマリーlink.gif 2022年10月13日 18時00分

株式会社ファーストリテイリング (234KB) to English page to Chinese page 連結業績 グループ事業別業績 【決算ハイライト】 ■2022年8月期の連結業績:通期は増収、大幅な増益。過去最高の業績を更新 売上収益は2兆3,011億円、前期比7.9%増、営業利益は2,973億円、同19.4%増、親会社の所有者に帰属する当期利益は2,733億円、同60.9%増。円安による業績の押し上げ影響を除いても、営業利益は前期比で約14%増、親会社の所有者に帰属する当期利益は約16%増と過去最高を更新。 グローバルで服に対する需要が回復したことに加え、継続的にLifeWear(究極の普段着)のブランディングを強化したこと、生産や物流などの環境変化に機動的に対応したことで各国・各地域で売上が着実に回復 1株当たり期末配当金は340円の予定。上期の280円と合わせ年間配当金は620円と前年比140円の増配。 ■国内ユニクロ事業:通期は減収増益。下期は増収、大幅増益と業績が回復 通期の既存店売上高は前期比3.3%減。上期は前年同期比9.0%減、下期は感動ジャケット・パンツ、シャツなど外出ニーズにマッチした商品や、夏物商品の販売が好調で、同4.7%増。 売上総利益率は、値引き販売の抑制により2.5ポイント改善。売上高販管費率は1.5ポイント上昇。 ■海外ユニクロ事業:通期は大幅な増収増益。欧州、米国は収益が大幅に改善 売上収益は1兆1,187億円、前期比20.3%増、営業利益は1,583億円、同42.4%増、と大幅な増収増益。 現地通貨ベースでも増収、大幅な増益を達成。 グレーターチャイナは、新型コロナによる行動規制の影響を受け、大幅な減益。ただし第4四半期3カ月間は増収、大幅増益と業績が回復。 その他アジア・オセアニア地区は、前期比約6割の大幅な増収、営業利益も3倍を超える大幅な増益。 北米、欧州は、大幅な増収、黒字化、営業利益率は約10%を達成。ユニクロのプレゼンスが徐々に確立され、新規のお客様も増加。 ■ジーユー事業:通期は減収、大幅な減益 売上収益は2,460億円、前期比1.4%減、営業利益は166億円、同17.4%減。 上期は、生産や物流の遅延により売れ筋商品をタイムリーに投入できず欠品が発生し、減収、大幅な減益。 下期は増収、大幅な増益。商品構成を改善し、マーケティングを強化した結果、マストレンドを捉えた商品の販売が好調。 ■グローバルブランド事業:通期は大幅な増収、赤字幅は縮小 売上収益は1,231億円、前期比13.8%増、営業利益は7億円の赤字。 セオリー事業は、米国や日本を中心に業績が回復し大幅な増収増益。 コントワー・デ・コト二エ事業は増収、不採算店舗の閉店や事業構造改革を進め、赤字幅は大幅に縮小。 ■2023年8月期の業績予想:大幅な増収、営業利益は大幅増益 売上収益2兆6,500億円、前期比15.2%増、営業利益3,500億円、同17.7%増。 親会社の所有者に帰属する当期利益2,300億円、同15.9%減を見込むが、これは、2022年8月期は外貨建金融資産の換算による為替差益などを1,143億円計上したためで、為替影響を除くと前期比で増益の水準。 1株当たり年間配当金は、中間配当金340円、期末配当金340円を合わせて680円を予想。 2023年8月期は、グループ全体で310店舗を出店する計画。海外ユニクロ事業を中心に新規出店を加速。 業績概要 ■国内ユニクロ事業:通期は減収増益。下期は増収、大幅増益と業績が回復 国内ユニクロ事業の当連結会計年度の売上収益は8,102億円(前期比3.8%減)、営業利益は1,240億円(同0.6%増)と、減収増益となりました。既存店売上高(Eコマースを含む)は、同3.3%の減収となりました。上期は、冬物売れ筋商品が欠品し、お客様の需要に応えきれなかったことで、前年同期比9.0%減収となりました。下期は、外出ニーズの高まりに伴い、感動ジャケット・感動パンツやシャツの販売が好調だったことに加え、7月以降は気温が高く推移したことから夏物商品が好調となり、同4.7%増収となりました。通期のEコマース売上高は1,309億円、前期比3.1%増、売上構成比は16.2%となりました。売上総利益率は、原材料や輸送費の高騰で原価率が悪化した一方で、販売価格のコントロールを徹底したことで値引率が大幅に改善したことから、前期比2.5ポイント改善しました。売上高販管費率は、中長期を見据えて、ブランディング強化のために広告宣伝費を増やしたことや、自動倉庫への戦略的な投資を実施していることにより、同1.5ポイント上昇しました。 ■海外ユニクロ事業:通期は大幅な増収増益。欧州、米国は収益が大幅に改善 海外ユニクロ事業の当連結会計年度の売上収益は1兆1,187億円(前期比20.3%増)、営業利益は1,583億円(同42.4%増)と、大幅な増収増益となりました。円安が進んだことで、売上、営業利益とも押し上げられていますが、現地通貨ベースでも増収、大幅な増益を達成しました。 地域別では、新型コロナウイルス感染症に伴う行動規制の影響を大きく受けたグレーターチャイナを除くすべての地域で大幅な増収増益となりました。グレーターチャイナは、売上収益が5,385億円(同1.2%増)、営業利益が834億円(同16.8%減)となりました。ただし、第4四半期3カ月間は行動規制が解除されたことで、売上が回復し、増収、大幅な増益となりました。韓国は、増収増益となりました。その他アジア・オセアニア地区(東南アジア・オーストラリア・インド)は、売上収益は約2,400億円と前期比約6割の大幅な増収、営業利益率は約19%と大きく改善し、営業利益も3倍を超える大幅な増益となりました。外出ニーズが回復したことに加え、積極的なマーケティングにより地元のお客様からの支持がさらに高まり、新規のお客様も増加しました。北米は、大幅な増収、黒字化、営業利益率は10%弱を達成しました。コア商品の情報発信やブランディングの強化により、ユニクロのプレゼンスが徐々に確立され、売上を大きく伸ばすことができました。欧州(ロシアを除く)は、大幅な増収、黒字化、営業利益率は約12%を達成しました。ユニクロのLifeWearのコンセプトへの支持が高まり、新規のお客様が増加していることに加え、主要都市に出店している地域旗艦店を中心に販売が好調です。ロシア事業は、引き続き営業を停止しているため大幅な減収、減損損失を計上したことで赤字となりましたが、連結の業績に与える影響は限定的です。 ■ジーユー事業:通期は減収、大幅な減益 ジーユー事業の当連結会計年度の売上収益は2,460億円(前期比1.4%減)、営業利益は166億円(同17.4%減)と減収、大幅な減益となりました。上期は、品番数を十分に絞り込めていなかったことや、生産や物流の遅延の影響で売れ筋商品に欠品が発生したことで、販売に苦戦し、減収、大幅な減益となりました。下期は、品番数を絞り込み、マーケティングを強化した結果、カラースラックスやスウェット風のTシャツなどマストレンドを捉えた商品の販売が好調で増収となりました。また、値引きを抑制したことで、売上総利益率は改善、売上高販管費率も改善し、下期の営業利益は大幅な増益となりました。 ■グローバルブランド事業:通期は増収、赤字幅は縮小 グローバルブランド事業の当連結会計年度の売上収益は1,231億円(前期比13.8%増)、営業利益は7億円の赤字(前期は16億円の赤字)となりました。セオリー事業は、米国や日本を中心に業績が回復し、大幅な増収増益となりました。着心地がよく完成度の高い軽衣料や、プライスラインを見直した商品を戦略的に拡充したことで、客層が拡大しました。プラステ事業は、減収、赤字幅は拡大しました。コントワー・デ・コトニエ事業は、増収、赤字幅は大幅に縮小しました。不採算店舗の閉店や、事業構造改革を進め、売上高販管費率が大幅に改善しました。 ■2023年8月期の業績予想:大幅な増収、営業利益は大幅増益 通期の業績予想につきましては、売上収益2兆6,500億円(前期比15.2%増)、営業利益3,500億円(同17.7%増)、税引前利益3,500億円(同15.4%減)、親会社の所有者に帰属する当期利益2,300億円(同15.9%減)を予想しています。海外事業の業績予想における為替レートの前提は、期初の為替レートである1ドル138.7円、1人民元20.0円です。また金融収益・費用も、期初の為替レート1ドル138.7円を前提とし、為替換算差損益は見込んでいません。なお、円安による業績の押し上げ影響を除くと、売上収益で前期比約10%増、営業利益で同約13%増、親会社の所有者に帰属する当期利益で同約10%増の水準となります。 2023年8月期は、攻めの姿勢で事業構造を変革し、グローバルNo.1ブランドとしての基盤を創る一年にしたいと考えています。インフレの進行や、急激な円安など、事業環境は厳しい状況が続いていますが、下記4つの重点課題への取り組みを加速し、着実に成果を上げていきます。 ①お客様のニーズに応え、価値に共感していただける商売を実現  ②ヘッドクオーター機能のグローバル化を進め、世界で稼ぐ ③事業と一体でサステナビリティの取り組みを加速 ④生産性を重視し、インフレ環境下でのローコスト経営を徹底 各セグメントでは、国内ユニクロ事業は上期、下期ともに増収増益の予想です。原価率は悪化傾向にあるものの、値引率を改善し、売上総利益率は若干の低下に留める計画です。海外ユニクロ事業は、大幅な増収増益を予想しています。ジーユー事業は大幅な増収増益、グローバルブランド事業は大幅な増収、黒字化を予想しています。 2023年8月期は、海外ユニクロ事業を中心に新規出店を加速する計画です。2023年8月期末の店舗数は国内ユニクロ事業で809店舗(フランチャイズ店含む)、海外ユニクロ事業で1,740店舗、ジーユー事業で469店舗、グローバルブランド事業で729店舗(フランチャイズ店含む)、合計3,747店舗に達する見込みです。 1株当たり年間配当金は、中間配当金340円、期末配当金340円を合わせて680円を予想しています。 ► IR情報に決算データや各種リリースなどを開示しております。 ページトップへ

2022年8月期 決算短信link.gif 2022年10月13日 15時00分

ファーストリテイリング 2022年8月期 第3四半期決算サマリーlink.gif 2022年07月14日 18時00分

株式会社ファーストリテイリング (258KB) to English page to Chinese page 連結業績 グループ事業別業績 【決算ハイライト】 ■2022年8月期第3四半期の連結業績:増収、大幅な増益。業績予想を上回る 売上収益1兆7,651億円、前年同期比3.9%増、営業利益2,710 億円、同19.0%増。 事業利益、営業利益は、円ベース、現地通貨ベースともに過去最高の業績を達成。 金融損益に為替差益など781億円を計上したことで、親会社の所有者に帰属する四半期利益は2,378億円、同57.1%増の大幅増益。為替差益による押し上げを除いても、過去最高益。 第3四半期3カ月間は、大幅な増収増益。特に海外ユニクロ事業、国内ユニクロ事業が好調で、業績予想を上回る。 ■国内ユニクロ事業:第3四半期3カ月間は増収、大幅な増益 第3四半期3カ月間の売上収益は1,984億円、前年同期比8.7%増、営業利益は381億円、同76.2%増と好調。 外出需要に合った商品や、ゴールデンウィーク、感謝祭での販売が好調で、既存店売上高は7.8%の増収。 粗利益率は値引率の改善により3.9p改善。販管費比率はオペレーションの効率化を進めたことで1.4p改善。 9カ月累計の売上収益は6,409億円、前年同期比5.1%減、営業利益は1,190億円、同0.4%減。 ■海外ユニクロ事業:第3四半期3カ月間は大幅な増収増益、9カ月累計は過去最高の業績 第3四半期3カ月間の売上収益は2,480億円、前年同期比13.9%増、事業利益は380億円、同17.8%増。減損損失を85億円計上したことで、営業利益は324億円、同5.6%増。 その他アジア・オセアニア地区、北米、欧州(ロシアを除く)が大幅な増収増益と好調。グレーターチャイナは新型コロナに伴う行動規制の影響を受け、大幅な減収減益。 9カ月累計の売上収益は8,412億円、前年同期比13.7%増、営業利益は1,327億円、同35.8%増。 ■ジーユー事業:第3四半期3カ月間は前年並みの業績 第3四半期3カ月間の売上収益は677億円、前年同期比0.7%減、営業利益は84億円、同0.0%増。生産や物流の遅延の影響でキャンペーン商品をタイムリーに投入できず、機会ロスが生じたため。 9カ月累計の売上収益は1,905億円、前年同期比5.1%減、営業利益は178億円、同26.7%減。 ■グローバルブランド事業:第3四半期3カ月間は大幅な増収、赤字が縮小 第3四半期3カ月間の売上収益は310億円、前年同期比19.5%増、営業利益は3億円の赤字、前年同期は7億円の赤字。セオリー事業は増収減益。コントワー・デ・コトニエ事業は増収、赤字幅は大幅に縮小。 9カ月累計の売上収益は900億円、前年同期比11.8%増、営業利益は7億円の黒字(前年89億円の赤字)。 ■2022年8月期 連結業績予想:上方修正 通期業績予想を上方修正。売上収益2兆2,500億円、前期比5.5%増、営業利益2,900億円、同16.5%増、親会社の所有者に帰属する当期利益2,500億円、同47.2%増を予想。 1株当たり年間配当金は、中間配当金280円、期末配当金340円を合わせて620円を予想。年間では140円の増配。 業績概要 ■国内ユニクロ事業:第3四半期3カ月間は増収、大幅な増益 国内ユニクロ事業の第3四半期9カ月累計の売上収益は6,409億円(前年同期比5.1%減)、営業利益は1,190億円(同0.4%減)と、減収減益となりました。上期は、前年同期の業績のハードルが高かったことに加え、売れ筋商品に欠品が発生し機会ロスが生じたことから、大幅な減収減益となりましたが、第3四半期3カ月間は、売上収益は前年同期比8.7%増、営業利益は同76.2%増と、好調な業績となりました。新型コロナの拡大が収束し、外出ニーズが高まったことで、感動ジャケット・感動パンツやブラウスの販売が好調だったことに加え、ゴールデンウィーク商戦、ユニクロ感謝祭での販売が好調で、3カ月間の既存店売上高は同7.8%の増収となりました。売上総利益率は、値引き販売を抑制し値引率が改善したことなどにより、同3.9ポイント改善しました。また、売上高販管費率は、人件費や物流費を中心にオペレーションの効率化を進めたことで、同1.4ポイント改善しました。 ■海外ユニクロ事業:第3四半期3カ月間は大幅な増収増益、9カ月累計は過去最高の業績 海外ユニクロ事業の第3四半期9カ月累計の売上収益は8,412億円(前年同期比13.7%増)、営業利益は1,327億円(同35.8%増)と、大幅な増収増益となりました。円安が進んだことで、売上、営業利益とも押し上げられていますが、現地通貨ベースでも過去最高の業績と好調でした。これは主に、その他アジア・オセアニア地区、北米、欧州(ロシアを除く)が大幅な増収増益となったことによります。グレーターチャイナは、新型コロナに伴う行動規制による影響を受け、大幅な減収減益となりました。 第3四半期3カ月間も引き続き、その他アジア・オセアニア地区、北米、欧州(ロシアを除く)の業績が好調でした。地域別の業績(現地通貨ベース)については、グレーターチャイナは大幅な減収減益となりました。3月から5月にかけて、上海を中心に最大で169店舗が臨時休業するなど、新型コロナに伴う行動規制により、売上が落ち込みました。ただし、6月は規制が緩和されたことで売上は増収と、業績は回復傾向にあります。その他アジア・オセアニア地区は、新型コロナに伴う行動規制の緩和により、外出ニーズが回復したことで、大幅な増収増益となりました。特に、マレーシア、フィリピン、インドネシア、シンガポールが好調でした。北米は、大幅な増収、黒字へ転換しました。Tシャツやタンクトップ、ショートパンツなどのコア商品が北米のお客様に高く支持されていることで、好調な業績が継続しています。欧州(ロシアを除く)は、LifeWearのコンセプトが浸透し、顧客層が広がったことに加え、観光客需要が盛り上がったことも追い風となり、大幅な増収、黒字へ転換しました。 ■ジーユー事業:第3四半期3カ月間は前年並みの業績 ジーユー事業の第3四半期9カ月累計の売上収益は1,905億円(前年同期比5.1%減)、営業利益は178億円(同26.7%減)と、減収、大幅な減益となりました。減収となった要因は、生産や物流の遅延の影響を受け、キャンペーン商品をタイムリーに投入することができず、販売機会ロスが生じたことによります。 第3四半期3カ月間も若干の減収、前年並みの営業利益となりました。トレンド商品として人気が高いカラースラックスやスウェットTシャツなどの販売が好調でしたが、商品の遅延の影響を受け、売上を十分に拡大できませんでした。売上総利益率は、同1.5ポイント改善しました。これは、値引き販売を抑制したことに加え、生産や物流の遅延により、キャンペーン商品がタイムリーに投入できず、計画通りに販促できなかった影響によります。また、売上高販管費率は、店舗スタッフを戦略的に増やしサービスの向上を図っているため、同0.8ポイント上昇しました。 ■グローバルブランド事業:第3四半期3カ月間は大幅な増収、赤字が縮小 グローバルブランド事業の第3四半期9カ月累計の売上収益は900億円(前年同期比11.8%増)、営業利益は7億円の黒字(前年同期は89億円の赤字)と、大幅な増収、黒字に転換しました。第3四半期3カ月間では、セオリー事業は、増収減益となりました。これは主に、上海のロックダウンにより、中国大陸を中心としたアジア事業が減収減益となったことによります。プラステ事業は、ブラウスやパンツ、ワンピースなどの販売が好調でしたが、生産や物流の遅延の影響を受け、欠品が生じたことで、売上を十分に拡大することができず、売上はほぼ前年並み、営業利益は若干の増益となりました。コントワー・デ・コトニエ事業は、増収、赤字幅は大幅に縮小しました。不採算店舗の閉店を中心とした事業構造改革を進めたことで販管費比率が大幅に改善したことによります。 ■2022年8月期の業績予想:上方修正 通期の売上収益は2兆2,500億円、前期比5.5%増、事業利益は2,950億円、同15.4%増、営業利益は2,900億円、同16.5%増を見込んでいます。4月に発表した業績予想に対しては、売上収益で500億円、事業利益で150億円、営業利益で200億円の上方修正となります。これは、第3四半期3カ月間の業績が好調で、現地通貨ベースでも業績予想を上回る進捗となっていることに加え、円安が進行していることから、第4四半期の業績予想の為替レートの前提を見直したことによります。事業利益、営業利益ともに過去最高を更新する見込みです。その他収益・費用は、第4四半期にユニクロ事業を中心に減損損失や除却損・閉店損などが発生するリスクを織り込み、50億円のマイナスを予想しています。金融収益・費用は、5月末の為替レート1ドル128.2円を期末の為替レートの前提とし、781億円のプラスを見込んでいます。この結果、親会社の所有者に帰属する当期利益は2,500億円、同47.2%増を見込んでいます。 セグメント別では、海外ユニクロ事業は、下期、通期ともに大幅な増収増益となる見込みで、現地通貨ベースでも、増収増益となる予想です。第4四半期3カ月間は、引き続きその他アジア・オセアニア地区、北米、欧州は好調な業績が続く見込みです。グレーターチャイナの第4四半期3カ月間は、新型コロナウイルス感染症の行動規制が緩和されることで、大幅な増収増益となる予想です。国内ユニクロ事業は、下期は若干の増収、営業利益は大幅な増益を見込んでいます。通期では、上期の減収減益幅が大きかったことから、若干の減収、営業利益は前年並みとなる見込みです。ジーユー事業は、下期は若干の増収、前年並みの営業利益、通期では減収、大幅な減益となる見込みです。グローバルブランド事業は、下期、通期ともに、黒字化することを見込んでいます。 期末配当金は、4月に発表した1株当たり280円から増額し、1株当たり340円を見込んでいます。これは、前年に対し100円の増配となります。すでに実施した1株当たり中間配当金280円と合わせて、年間配当金は620円を予想しており、年間では140円の増配となります。なお、配当性向については、外貨建資産の円換算による一時的な為替益の影響を除くと、約33%と、過去と同等の水準を維持しております。 ► IR情報に決算データや各種リリースなどを開示しております。 ページトップへ

通期業績予想の修正に関するお知らせlink.gif 2022年07月14日 15時20分

株式会社ファーストリテイリング (64KB) to English page to Chinese page 当社は、2022年7月14日の「2022年8月期 第3四半期決算短信〔IFRS〕(連結)」にて発表いたしました2022年8月期(2021年9月1日~2022年8月31日)の通期の連結業績予想につきまして、下記の通り修正いたしましたので、お知らせいたします。 1.2022年8月期通期連結業績予想数値の修正(2021年9月1日~2022年8月31日) 2.修正の理由 当第3四半期3カ月間の業績が好調で、現地通貨ベースでも業績予想を上回る進捗となっていることに加え、円安が進行していることで、第4四半期の業績予想の為替レートの前提を見直したことから、通期の業績予想を上方修正することにいたしました。 (将来に関する記述等についてのご注意) 本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。 以 上

2022年8月期の配当予想の修正に関するお知らせlink.gif 2022年07月14日 15時10分

株式会社ファーストリテイリング (64KB) to English page to Chinese page 当社は、2022年7月14日開催の取締役会において、2022年8月期の1株当たり配当予想の変更について、 下記のとおり決議いたしましたのでお知らせいたします。 記 1.配当予想修正の理由 当社は、2022年8月期の連結業績予想の増額修正を反映させ、1株あたり期末配当金の予想を 280.00円から340.00円へ、また、1株あたり年間配当金の予想を560.00円から620.00円へ、 各々、修正させていただきます。 2.修正の内容 以 上

2022年8月期 第3四半期 決算短信link.gif 2022年07月14日 15時00分

ファーストリテイリング 2022年8月期 第2四半期決算サマリーlink.gif 2022年04月14日 18時00分

株式会社ファーストリテイリング (273KB) to English page to Chinese page 連結業績 グループ事業別業績 【決算ハイライト】 ■2022年8月期上期の連結業績:増収、大幅な増益。業績予想を上回る 売上収益1兆2,189億円、前年同期比1.3%増、営業利益1,892 億円、同12.7%増。 為替が円安となった影響を除いても、営業利益は過去最高の業績を達成。 その他アジア・オセアニア地区、北米、欧州のユニクロ事業は大幅な増収増益と、収益の柱が多様化。 金融損益に為替差益など232億円を計上、親会社の所有者に帰属する四半期利益は1,468億円、同38.7%増。 ■国内ユニクロ事業:大幅な減収減益 売上収益は4,425億円、前年同期比10.2%減、営業利益は809億円、同17.3%減。 既存店売上高は同9.0%減。前年の売上のハードルが高いことに加え、この上期は冬物の売れ筋商品に欠品が発生し、機会ロスが生じたことによる。 粗利益率は値引率の改善により0.9p改善。販管費比率は減収に伴い2.6p上昇。 ■海外ユニクロ事業:大幅な増収増益 売上収益は5,932億円、前年同期比13.7%増、営業利益は1,003億円、同49.7%増。 その他アジア・オセアニア地区、欧州は大幅な増収増益、過去最高の業績。北米は大幅な増収、黒字化。グレーターチャイナは、新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)に伴う行動規制の影響を受け需要が減退し、減収減益。 海外ユニクロ事業に占める、北米、欧州の営業利益の構成比は約20%。グレーターチャイナの約55%に次ぐ収益の柱の一つとなりつつある。 ■ジーユー事業:減収、大幅な減益 売上収益は1,228億円、前年同期比7.4%減、営業利益は93億円、同40.9%減。 気温が高かったことで秋物の販売に苦戦、冬物は好調な商品があったものの、生産や物流の遅延の影響で機会ロスが生じた。 ■グローバルブランド事業:増収、黒字に転換 売上収益は589億円、前年同期比8.1%増、営業利益は10億円の黒字。 セオリー事業は大幅な増収増益。コントワー・デ・コトニエ事業は増収、営業利益の赤字幅は大幅に縮小。 ■2022年8月期 連結業績予想:税引前利益および親会社の所有者に帰属する当期利益を上方修正 通期は売上収益2兆2,000億円、前期比3.1%増、営業利益2,700億円、同8.4%増、親会社の所有者に帰属する当期利益1,900億円、同11.9%増を予想。税引前利益と親会社の所有者に帰属する当期利益を上方修正。 1株当たり年間配当金は、中間配当金280円、期末配当金280円を合わせて560円を予想。前期比80円の増配。 業績概要 ■国内ユニクロ事業:大幅な減収減益 国内ユニクロ事業の上期の売上収益は4,425億円(前年同期比10.2%減)、営業利益は809億円(同17.3%減)と、大幅な減収減益となりました。既存店売上高は9.0%減となりました。これは、前年同期はラウンジウェアなど在宅需要にマッチした商品、エアリズムマスクの販売が好調だったことで、ハードルが高かったことに加え、冬物の売れ筋商品に欠品が発生し、機会ロスが生じたことによります。Eコマース売上高は724億円(同1.9%減)と、若干の減収となりましたが、2年前比では約4割増収と順調に拡大しています。売上総利益率は、値引き販売を抑制し値引率が改善したことなどにより、同0.9ポイント改善しました。売上高販管費率は、減収に伴い同2.6ポイント上昇しました。 ■海外ユニクロ事業:大幅な増収増益 海外ユニクロ事業の上期の売上収益は5,932億円(前年同期比13.7%増)、営業利益は1,003億円(同49.7%増)と、大幅な増収増益となりました。これは主に、その他アジア・オセアニア地区、北米、欧州が大幅な増収増益となったことによります。海外ユニクロ事業に占める、北米、欧州の営業利益の構成比は約20%と、グレーターチャイナの約55%に次ぐ収益の柱の一つとなりつつあります。 地域別では、中国大陸は減収、大幅な減益となりました。これは、新型コロナに伴う規制が引き続き実施されていることで、アパレルへの購買意欲が低下した影響によります。香港、台湾、韓国は増収増益となりました。その他アジア・オセアニア地区は大幅な増収増益となりました。なかでも、マレーシアとインドネシアは、行動規制が緩和されたこと、デジタルや店舗でのマーケティングを強化し集客できたことで、好調な業績となりました。北米は、大幅な増収、黒字へ転換しました。ブランディングの強化のための情報発信とコア商品のマーケティングに注力したことで、売上が拡大しました。値引き販売の抑制や経費構造改革により、売上総利益率、売上高販管費率も大幅に改善しました。欧州は、新規のお客様へのマーケティングを強化し顧客層が広がったことに加え、売れ筋の冬物コア商品について十分な在庫を確保して商売ができたことで、大幅な増収増益を達成することができました。 グローバルで出店も強化しています。2021年9月にはパリに「ユニクロ リヴォリ店」、同年11月に北京に、北京初のグローバル旗艦店「ユニクロ 北京三里屯店」をオープンしました。2022年4月には、ロンドンに「ユニクロ リージェントストリート店」をオープンします。大都市の最高の立地から、世界に向けて、ブランドを発信していきます。 ■ジーユー事業:減収、大幅な減益 ジーユー事業の上期の売上収益は1,228億円(前年同期比7.4%減)、営業利益は93億円(同40.9%減)と、減収、大幅な減益となりました。減収となった要因は、シーズン初めに気温が高く推移し、秋物販売が苦戦したこと、冬物のニットやボトムスなどのコア商品の販売は好調だったものの、生産や物流の遅延の影響で売れ筋商品をタイムリーに投入することができず機会ロスが生じたことによります。売上総利益率は、原材料や輸送費の高騰の影響を受け、原価率が上昇したことで、同0.4ポイント低下しました。売上高販管費率は同3.6ポイント上昇しましたが、これは主に、Eコマースの拡大に向けて西日本に自動倉庫を稼働したことで一時的に物流費が増加したこと、ブランディングのためにマーケティングを強化したことによります。 ■グローバルブランド事業:増収、黒字に転換 グローバルブランド事業の上期の売上収益は589億円(前年同期比8.1%増)、営業利益は10億円の黒字(前年同期は81億円の赤字)と、増収、黒字に転換しました。セオリー事業は、大幅な増収増益となりました。これは主に米国事業の業績が回復し、黒字に転換したことによります。プラステ事業は、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の影響を受けたこと、集客につながる商品やニュース発信ができなかったことで、減収、赤字幅は拡大しました。コントワー・デ・コトニエ事業は、増収、赤字幅は大幅に縮小しました。フランスにおいて、新型コロナによる影響が大きかった前年同期に比べて客数が回復したことに加え、不採算店舗の閉店を中心とした事業構造改革を進めたことで経費効率が改善したことによります。 ■2022年8月期の業績予想:税引前利益および親会社の所有者に帰属する当期利益を上方修正 通期の業績予想は、売上収益2兆2,000億円、前期比3.1%増、営業利益2,700億円、同8.4%増、親会社の所有者に帰属する当期利益1,900億円、同11.9%増を予想。税引前利益および親会社の所有者に帰属する当期利益は、1月に発表した業績予想に対し、上方修正しました。これは、円安が進んでいることから、2月末の為替レート1ドル115.6円を期末の為替レートの前提とし、金融収益・費用は232億円のプラスと見込んだためです。なお、通期の売上収益、営業利益は、2022年1月に発表した業績予想から変更はありません。 セグメント別では、海外ユニクロ事業は下期は増収、営業利益は前年並みの見込みです。下期も、北米、欧州、その他アジア・オセアニア地区の業績が好調に推移し、業績をけん引することを見込んでいますが、中国大陸で新型コロナによる行動規制が継続していることなどから、下期の営業利益は前年並みの水準にとどまる見込みです。この結果、海外ユニクロ事業の通期は、大幅な増収増益となる予想です。海外ユニクロ事業の通期の地域別予想ですが、グレーターチャイナは、新型コロナによる行動規制の影響などから減収、大幅な減益を見込んでいます。韓国は増収増益となる予想です。その他アジア・オセアニア地区は、大幅な増収増益、新型コロナ前の2019年8月期に対しても2桁の増収増益と、順調に事業が拡大する予想です。欧州は、英国とEU諸国合計では、大幅な増収、黒字へ転換し、営業利益率は約10%を達成できる見込みです。ロシアは事業を一時停止しているため、下期は赤字を見込んでいます。北米は、大幅な増収、黒字化、1桁後半の営業利益率を達成する予想です。国内ユニクロ事業、ジーユーともに、下期は増収、大幅な増益を見込んでいますが、上期の減収減益幅が大きいことから、通期は減収減益となる見込みです。グローバルブランド事業は、通期は大幅な増収、黒字化する予想です。 下期の重点課題としては、1)上期は一部の事業で欠品による機会ロスが発生したため、下期は商品構成、数量計画の精緻化やマーケティングの強化に加えて、好調な芽が見えている商品については、期中企画も含めて積極的に追加生産を行っていきます。2)店舗とEコマースの在庫を完全に一元化するなど、欠品なく、いつでもどこでも、Eコマースでほしい商品を購入できるように、店舗とEコマースの融合をさらに図っていきます。3)出店加速のための準備を着実に進め、2023年8月期はグループ全体で300店舗以上の出店をしていきます。なお、2022 年8月期末の店舗数は国内ユニクロで810店舗(フランチャイズ店含む)、海外ユニクロで1,607店舗、ジーユー事業で452店舗、グローバルブランドで726店舗、合計3,595店舗を予想しています。 1株当たり年間配当金は、中間配当金280円、期末配当金280円を合わせて560円と、年間で80円の増配を予想しています。 ► IR情報に決算データや各種リリースなどを開示しております。 ページトップへ

2022年8月期 第2四半期決算短信link.gif 2022年04月14日 15時20分

PR
検索