企業兼大株主大日本印刷東証プライム:7912】「その他製品 twitterでつぶやくへ投稿

  • 早わかり
  • 主な指標
  • 決算書
  • 株価
  • 企業概要
  • 企業配信情報
  • ニュース
  • ブログ
  • 大株主
  • 役員
  • EDINET
  • 順位
  • 就職・採用情報

企業概要

DNPグループは、当連結会計年度において競争優位を確保するための成長分野への投資と既存設備の改善に重点を置き、資産計上ベースで506億円の設備投資を行いました。セグメントごとの概況は次のとおりであります。

(1)情報コミュニケーション部門

 情報コミュニケーション部門における設備投資額は190億円でありました。

 主なものとしては、情報イノベーション事業では、決済サービスの事業拡大を図る基盤システムを引き続き強化するとともに、生産リスクの軽減のためにユーティリティ設備を更新しました。

(2)生活・産業部門

 生活・産業部門における設備投資額は215億円でありました。

 主なものとしては、包装関連事業では、マーケット予測に基づき計画的な関西拠点再編を行いました。産業用高機能材関連事業では、需要拡大に対応してリチウムイオン電池用外装材の製造能力増強を図るため、引き続き生産設備の導入を進めました。

(3)エレクトロニクス部門

 エレクトロニクス部門における設備投資額は55億円でありました。

 主なものとしては、電子デバイス事業では、フォトマスクの最先端対応と生産増強を図るため、引き続き生産設備を導入しました。

(4)飲料部門

 飲料部門における設備投資額は21億円でありました。

 北海道コカ・コーラボトリング㈱において、市場競争力強化のため、自動販売機等の販売機器の増設及び更新を図りました。

PR
検索