企業スーパーバッグ東証2部:3945】「パルプ・紙 twitterでつぶやくへ投稿

  • 早わかり
  • 主な指標
  • 決算書
  • 株価
  • 企業概要
  • 企業配信情報
  • ニュース
  • ブログ
  • 大株主
  • 役員
  • EDINET
  • 順位
  • 就職・採用情報

企業概要

 文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判断したものであります。

(1) 経営方針

 当社は、株主重視の基本姿勢を堅持しつつ、わが国製袋業界のパイオニアとして、『パッケージ関連事業を軸に、お客様のニーズと変化に積極果敢に挑戦すること』、『ステークホルダーへの責任を果たし、存在感のある強い会社を目指すこと』、『明るく活発で希望のある社風をつくり、社員とその家族の幸せを追求すること』を経営理念として掲げております。

(2) 目標とする経営指標

 当社グループは、営業利益の拡大及び営業利益率の改善を目指しており、その達成度を測るため、売上高、営業利益、営業利益率を重視しております。また、財務体質強化及び株主の持分に対する投資収益率の向上を目指す観点から、自己資本比率とROE(自己資本利益率)を重視した経営を行ってまいります。

(3) 経営環境

 今後のわが国経済につきましては、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の普及、EC事業・DX投資などの市場拡大に伴い、景気の持ち直しが続くことが期待される一方、米中貿易摩擦の長期化やコロナウイルス変異株による感染再拡大による国内経済への影響など、先行き不透明な状況が続くものと予想されます。

 また、2020年7月1日より全国一律でプラスチック製レジ袋の有料化が開始された影響から、当社グループの主力製品であるレジ袋の販売金額は大きく減少し、加えて紙袋についても有料化の動きが加速し販売金額が減少しており、販売規模の回復には中長期的な取り組みが必要なものと見込んでおります。

(4) 中長期的な会社の経営戦略

 当社グループといたしましては、コロナ終息後の消費拡大を見据え、環境に配慮した素材・包材の取扱や成長市場への拡販といった営業戦略を推進し、徹底した原価低減と収支改善及び生産体制効率化を実現し、流通包材メーカーとして、お客様の多様なニーズに迅速かつ的確に対応できるよう取り組んでまいります。

 このような環境のもと当社グループは、今年度を初年度とする新中期経営計画において、「環境対応と成長基盤確立のための3ヵ年」と位置付け、抜本的な事業構造改革による成長を目標としております。

 そのために、

①事業構造の転換

CO₂ 削減/脱プラ環境対応

③新規事業の創出

④安定した財務基盤の構築

⑤戦略的な新規投資

⑥魅力的な職場環境の構築

 を基本方針として取り組んでまいります。

(5) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

(1)及び(4)に記載の、経営方針及び経営戦略を実行していくうえで、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題は以下のとおりであります。

①安定性、収益性を兼ね備えた事業基盤の確立

 昨年来の新型コロナウイルス感染拡大に伴う消費者の行動様式や生活パターンの変容に加え、レジ袋・紙袋の有料化による主力製品の販売減少は、当社グループの収益構造に大きなインパクトとなりました。このような環境変化に即したビジネスモデルで成長基盤を確立すべく、既存事業の抜本的な見直しを行うとともに、主力事業の維持発展に取り組んでまいります。

②スーパーバッグ環境宣言の制定

 世界的な環境意識の高まりや低炭素・脱炭素型社会への移行により、ESG(環境・社会・ガバナンス)やSDGs(持続可能な開発目標)の中でも、特に環境保全を意識した企業活動が今まで以上に求められるようになりました。当社グループでは、環境負荷の少ないFSC認証紙の導入・運用やバイオマス配合のレジ袋の供給など、環境に配慮した事業展開をしてまいりましたが、さらなる環境対策と企業価値向上を目標とし、当社の環境対応方針を取りまとめた「スーパーバッグ環境宣言」の制定を目指して検討を進めております。

③新規事業の創出

 感染症拡大・レジ袋有料化を経て、包装資材を取り巻く事業環境はこの1年で大きく変化し、消失した需要の回復には中長期的な取り組みが必要なものと見込んでおります。そこで、変容したニーズのマーケティング、製品開発と推進体制を実現すべく、専門部署を設置し、新たな主力事業の創出を目指します。

PR
検索